妊娠中期の過ごし方 2.衣服調整と運動~助産師からのメッセージ

いざ、スタート!

戌の日が過ぎてからは、出産に向けての準備をしていきましょう。

前回の記事はこちら↓

妊娠中期の過ごし方 1.戌の日 安産祈願~助産師からのメッセージ

1.妊娠中期以降は冷やさない衣服の調整を

季節によって衣服調整の仕方が変わってくると思いますが、共通して言えるのは…

1)下半身を冷やさない衣服調整が必要

であるという事です。

夏でも10分丈スパッツを履いて、靴下も履く。

妊娠希望している人・妊娠中の方は気をつけていただけると嬉しいです。

冬では、さらにその上にズボンを履く。

切迫早産傾向の方は、靴下をハイソックスをお薦めします。

冬であれば、さらに足首の所(三陰交)を靴下の上からホカロンを貼ったり、腰にもホカロンを貼るぐらいに温めておく必要があることを知っておいてほしいです。

私の1番のお気に入りは、ルーズソックスです。

ルーズソックスは、1番足元に靴下が下がっても三陰交を隠してくれるぐらいの高さになるので。
(もしかすると、背の低い人だからかもしれませんが…)

五本指ソックスもお薦めします。

身体を冷やしたくなる夏は、妊娠期間中は、とてもつらくなる季節となります。

今は、冷暖房がない家は少ないと思いますので、家の中での調整は楽だと思います。

共働きが多くなっているので、職場環境での衣服調整も必要になってくるのではないでしょうか?

冷房時には、冷たい空気は下に流れていくので、下半身が冷えやすくなります。
腰から下は冷やさないように膝掛けが必要になってくる可能性もあります。

暖房時には、空気は上にたまりがちになるので、下半身が冷えやすくなります。

今は、空気清浄機も一般化されているので、昔よりは、空気の流れ・循環は、よくなってきていると感じています。

このコロナ禍ということもあり、換気対策・空気の流れを意識できる環境になってきていますね。

 

2)首周りを冷やさない

首の後ろには風の気と言われるツボ(風池)があるそうです。

風邪をひきやすい人や、身体が冷えている人は、首回りを冷やさないように気をつけていきましょう。

お薦めは、夏でもタートルネックシャツか襟があるブラウスかシャツ・スカーフなどを使用して調整していただけると嬉しいです。

 

 

2.妊娠中も適度なナチュラル的運動を

ナチュラル的運動とは?

それは…。

散歩と掃除です。

ありきたりの話かもしれませんが、これをどれだけするかで、かなりの汗が出ますし疲れます。

仕事をしている人には、休みなのに休みじゃないぐらいに疲れますよ。

まずは散歩

自然に目を向けながら、普段買い物に行く範囲の所まで歩くなど徐々に範囲を広げていきましょう。

歩数チェックをしていきながら、お腹の張りやむくみが出てくるかどうかをみながら、歩いてみましょう。

歩きながら、空気の匂いを感じたり、風の流れの感触を感じたり、鳥の囀り、花の匂い・五感を研ぎ澄ませてみましょう。

汗をかきながらでも、どこか心地よい感覚をお腹の赤ちゃんとともに感じるコミュニケーション時間としてとっていただけるといいですね。

掃除

掃除機や箒を使わない掃除です。

雑巾を使う掃除です。

姿勢は四つ這いかスクワットこの姿勢でホコリとりをし、その後水拭き・必要であればワックスを足しながら吹いていく3枚の雑巾を使いながら家の掃除をすると、かなりの汗が出ます。

この時は、身体を締め付ける物をつけずに身体全部を使って掃除をすることで、柔軟体操やヨガ🧘‍♀️をやっているぐらいの運動量になります。

呼吸に意識をおきながら、掃除をする。

そうすると、自然と緊張とリラックスの感覚が掴めてきますし、程よい疲労感がわかるようになります。

 

身体が冷暖房の調整の中で生活している人が多くなってきています。

最適環境で過ごせるようにするのは、大事ですが、出産準備をしていくにあたり、自然な負荷をかけていくことも身体の耐久性をつけていくことも今はあってもいいのではないのかと考えています。

 

自然な負荷とは、冷暖房を極力かけない生活です。

夏であれば、扇風機と除湿で過ごせる時間をつける事。

汗を出せる環境にしておくことにより、汗腺の穴をしっかり開き、デトックスできる環境にしておくことが皮膚の鍛練になります。

デトックスによる汗が出ても皮膚トラブルを起こさない皮膚作りをしておきましょう。

 

冬であれば、床暖房やコタツなどで生活することです。

身体を温めるのは、下半身からにすることで、腸が温まります。

熱は上昇していくので、下半身が温まれば、自ずと身体全体が温まっていくものです。

その循環を身体に覚えさせていくことは、妊娠中だけではなく、これからのご自身の健康作りにも大事なことになります。

今の時代に熱中症が多いのが、この経験をしていない人達が増えてきているからとも言えると考えています。

寒暖差を身体にインプットしておく環境下がないために、いざその寒暖差になった時に身体がビックリしてしまうのです。

 

妊娠中は、ある種、ママになる人への負荷をかけています。

この負荷は、やがて、自分が歳をとった時に出やすい症状になる事をしっかりと覚えてほしいと思います。

 

これを身体が覚えてくれると、夜の風を感じやすくなります。

夜窓を開けておくと、微かな風でもヒンヤリ感じることができます。

 

それを感じた生活ができると、日本の四季を感じ取れる身体ってすごいと思います。

先人の人達は、家の前を打ち水をしていて、夜を少しでも涼しくしていました。

 

汗をかいた後にお風呂に入ることで扇風機の風と自然な風がミックスした生温かい風でも涼しく感じるものです。

 

今の時代は、これも一種運動に入るのかもしれませんね。

 

冬は、冷えない衣服で歩くこと。

冬の空気は、頬に冷気が肌を刺します。筋肉は緊張し、交感神経を優位にします。

その後に床を温めていた家に入るだけでも、暖かい空気を感じ、筋肉が緩み副交感神経が働きはじめます。

このメリハリが運動になると考えます。

これを1日に何回しているかを数えてみてください。

生活の知恵が運動につながっていると考えてみていただけるともっといろいろな発想が浮かんでくるのではないでしょうか?

 

妊娠中だから、重い荷物は持たないようにしているかもしれませんが、お腹が張りやすかったり、医師から安静を指導されている以外の人は、重い荷物を持つのも運動ととらえていただければと思います。

重い物を持つ時の注意としては、身体全体を使って持つという事です。

買い物に行った時の荷物を手さげで持つのでなく、抱えて持つようにすることです。

5キロのお米を子どもに見立てて、抱っこするような感じで持つことです。

妊娠後期になったら、これは特にやってもらいたい運動になります。

少しずつ重力にしたがって赤ちゃんも下がってきます。

赤ちゃんもそろそろ産まれてもいい準備を始めていきます。

 

上にお子さんがいる方は、できるだけ妊娠中期は、おんぶ生活を心がけていただけるといいですね。

抱っこは、妊娠後期になってからと考えていただけるといいと思います。

 

いかがでしたか?

このようなことでいいの?っと不安になる方もいらっしゃると思いますが、是非試していただけると嬉しいです。

 

生活の知恵が身体に染み付いている先人の方々のやっていることが理にかなっていたことを発見できると、ワクワクします。

そのように育ててくれた両親に感謝していただけるとうれしいです。

これから生まれてくる子どもたちには、おじいちゃんやおばあちゃん時代が育ってきた環境下になっても耐えうる身体になってくれることを願っています。

 

時々高齢者が冷房を使っていないため、熱中症で亡くなる報道もされていますが、それだけ寒暖差に耐えうる身体が普通になっているために、気がついたら脱水になっていたとも言えると思います。

その時の対処法については、食事の所でまた説明しますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です