龍神カードの無料リーディング受付中

今日は、龍神カードリーディングについての話をしていければと思います。

以前、紹介した本を読んだことがきっかけです。

生きてきた中で、迷いがあった時、友人関係の悩みなど、人は誰しも悩みはつきものです。

その悩みは、自分の中で解決できる人は、問題ないとは思いますが、助産師での開業は、すべて、自分がどうしていきたいかが重要になります。

医師と助産師の違いは、診断が出来ないということなので、助産診断と医師の診断と合致していくことが必要となります。

 

今の医療において、科学的根拠は必須です。

その科学的根拠にそった中で、どこまで、自分らしいやり方で、できるかの勝負になります。

 

例えば、乳腺炎。

乳腺炎になってしまったら、医学的対処法に則って行うかたちで実施していくので、乳腺炎になったら、抗生剤を処方して、炎症を抑える。というかたちになります。

助産師は、同じ乳腺炎になったとしても、まずは、自分でやれること、身体の可能性を使ってどこまでできるかを見極め、最終的に医療が必要になれば医療にお願いします。

私の信念としては、病院にかかる前にできることがたくさんあることを多くの人に知ってもらい、妊娠・出産・育児・人生を有意義に過ごしていただくためのアドバイスをさせて頂いています。

そのことに対しての、肯定派と否定派・無関心などさまざまな人との出会いの中で、自分軸が揺るがされてしまうことがあった時に、大杉日香理さんの本を読んだことをきっかけに、自分軸を持てる自分になりたいと思いました。

自分軸を肯定できる自分を応援してくれる人がほしい時に龍神カードを使うことで、目に見えない力が自分を応援してくれる物があることが嬉しかったりするので、子育てで迷っている時や、夫婦の問題など、人には相談できない時にカードをめくるようにしています。

カードというと、占いを想像するとは思いますが、これは、占いではなく、自分の気持ちに気づかせていただき、そのアドバイスに自分がワクワクしてくるか、なるほど…とかそういうことか〜。と思えるカードです。

自己肯定感の低い人が少しでも自分で自分のことを許せる自分にさせてもらえたものです。

 

科学的根拠の中で仕事をしていくのが、助産師かもしれませんが、自宅出産などを経験していくと、科学的根拠に入らないことも出てきます。

そのアドバイスに、共感していただける人は、一度お試ししてみて下さい。

龍神カードのリーディングをご希望の方はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です