こんなことがありました!

とっても嬉しい出来事があったので、シェアさせていただきます。

産後ケア希望の妊婦さん

妊娠9ヵ月の妊婦さんで、初めての出産のため、産後ケアを受けたいと連絡がきた方とお会いしました。

初めてお会いして、母子手帳を確認させていただいて、骨盤位(逆子)という事を知りました。

あと2週間経過しても、位置が変わらなければ、帝王切開の予定を決めなければいけないという事だったので、自宅出産する妊婦さんが骨盤位になってしまった時にするアドバイスをして初回の訪問は終わりました。

 

訪問後、嬉しいお知らせが…!

赤ちゃんが生まれた事を知り、訪問する前に電話をかけたら、

『あの時はありがとうございました。
アドバイスをいただいたことをやって、2週間後の妊婦健診に行ったら、
逆子が治っていたんです!本当にびっくりしました。
陣痛も言われていた時間に痛くなってきたし…。』

と話してくれました。

 

妊娠後期になると、赤ちゃんも大きくなってくるので、戻りにくくなったり、胎盤の位置で動けないこともありますが、私の伝えたことをまず次の健診までやってくれたことがとても嬉しかったです。

 

私が伝えておいた通りだったため、落ち着いて行動でき、順調なかたちで赤ちゃんが無事にママとの対面ができたと話してくれました。

 

妊娠後期での骨盤位の人へ私がアドバイスをして、治って正常分娩できた人はこれまでにもいらっしゃいますが、
直接本人から聞けたのは、久しぶりだったので、興奮して涙が出てきてしまいました。

 

ただ1回しか会ったことがない人へのアドバイス。

相手の人から思えば、『何この人。なんであなたにそんなことを言われなければいけないの?』

と思ってもおかしくない世の中でも、
私を信じて実践してくれる人がまだこの世の中にいてくれたことに、私がこれからも生きていく使命を感じた1日でした。

 

痛みを薬で抑えながら、出産する形態にこれからのお産は変わりつつあります。

さらには、安心安全のための帝王切開。

この2つが、これからの女性たちの可能性を阻害していく要因になると思っています。

 

女性たちの可能性は、私にとって無限大♾です。

この可能性に気がついてくれる一人でも多くの人との出会いを楽しみにこれからも私は、自分が住んでいる地域で活動していきます。

私と出会う女性たちは、どのタイミングで私と出会うのか。

女性にとっての私は、その人にとっての後押しする役目なのか、違う生き方を示す人になるのか、何かを気づかせてくれる人になるのか、全く方向性が違うと思うのかは、その方次第です。

また人に会うことが楽しみになりました。

 

私がこのような気持ちにさせていただきいた女性に感謝いたします。

本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です