卒乳の実体験!子ども4人のおっぱい卒業エピソード〈三男編〉

卒乳の実体験!子ども4人のおっぱい卒業エピソード〈三男編〉

長女、長男、次男と少しずつ卒乳していく月数を延ばしてきていたので、

もう最後となる三男(4番目の子ども)の卒乳をどのようにしていくかを考えました。

 

おっぱいも最後になるから、自分からもういらないと言うものなのか?を確かめてみようと、卒乳を待つことにしました。

そのときにはもう助産師として開業していて、自宅出産もお受けしていたこともあり、

私が家にいる時は、おっぱいをいつでも飲める状況にしておきました。

 

2歳を過ぎた頃から、おっぱいを吸っているのはどうかと周りから言われるようになりました。

そうすると、周りを気にしながら、おっぱいを吸っていたりしました。

夜中も眠りが浅く何度もおっぱいを吸われていました。

生理間近になると、乳首を触られるだけで、痛くなる時もあり、

その時は「ごめん。ちょっとおっぱいが痛いから、今日はやめて」と伝え、手を繋いで寝たりしていました。

 

そのうち保育所に迎えに行っても、家に帰るまでは、おっぱいを触れなくてもいい状態になってきました。

私が夜いない時は、「いないこと」がわかっているので、おっぱいをほしいとぐずることもなく、姉兄達と一緒に寝ていました。

 

さらに、私が家やおばあちゃんの家にいる時以外は吸わなくなってきました。

3歳近くまでになった時には、私の仕事で夜勤もあったので、何日かおっぱいに触れない日もありました。

おばあちゃんの家で吸っていたら、おばあちゃんから、

「まだ吸ってるの?まだ赤ちゃんなの?」

と言われることが多くなってきたことがきっかけだったのか、

 

3歳を過ぎた時に

『おっぱいは赤ちゃんが飲むものだから、もう僕はいらない』と初めて口にしました。

やったー!自分からいらないって言うんだ。と感激したのも僅か…。

 

その夜には

『まだ僕赤ちゃんだから、おっぱい飲む』と言われ、また元に戻ってしまいました。

昔の人は、おっぱいを小学校に入るまで吸っていた子がいると聞いていたこともあり、もしかしたら今回はそのパターンかもとヒヤヒヤしていました。

 

そんな三男も、3歳6カ月でおっぱいいらない宣言をしました。

また前回と同じ『やっぱり飲む』になるだろうと思っていたら、本当にその日からおっぱいを飲まなくなりました。

 

とりあえず、3日間おっぱいを吸わなかったのち、

夜中に一度起きた時に、おっぱいケアを子どもにしてもらってみてはどうだろうかと思いつき、その時は許可して吸ってもらいました。

 

私が許可を出した時だけ吸ってもらうかたちにしたので、

おっぱいをやめてから3日目に吸ってもらい、そこから7日〜10日目に吸ってもらい、

その後は子どもが夜中に目覚めることもなくなったので、

2週間目と1カ月目は、自分でお風呂に入った時に搾って終了としました。

 

1カ月過ぎてからも気がついた時にまだ分泌があるかどうかを確認していました。

おっぱいケアをしないで終了してしまう場合は、こうなっていくんだなあと感じました。

おっぱいをやめて1年近くは、わずかながらでしたが、まだ母乳分泌があったので。

自然と吸収されて、出なくなるには、これだけの歳月が必要であることを実感しました。

 

助産師の中でも、ここまでおっぱいにこだわる助産師は私だけだろうと自負しています。

 

私と、私の子ども4人のおっぱい奮闘記。

今回振り返ってみて、「よく頑張りました。私のおっぱい!」

思う存分使い果たしたという気持ちです。

 

私は、子ども4人のおかげで、女性としての役割を果たすことができたことに感謝しています。

子どもは絶対完全母乳で育てる!と言う私の願いを子どもたちは叶えてくれました。

私がやりたかった妊娠・出産・母乳育児が子ども4人のおかげで、叶いました。

 

この経験が、そのまま私の仕事に役立っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です