妊娠中の食べつわりの意味とは?

食べても食べても、食べたくなる食べつわり。

出産までに10kgは、増えていいと言われていますが、 今は、痩せている人や体格がいい方までの個性を認めた範囲を示しているBMIというのが基準になっています。

痩せている人は、10kg以上増えても問題なく、 体格のいい方は、どう10kg以内で抑えられるかが目安になります。

 

体重コントロールをしながら妊娠期間を過ごしていかないといけないと思うと、 憂鬱になりますよね?

「つわりは赤ちゃんがママを苦しめている?」でもお伝えしましたが、 食べつわりの人は『赤ちゃんの居心地をよくするためには、食べなくてはいけない人』と考えると「?」マークがつきませんか?

痩せてる人はいいけれど、もともと体格のいい人だと、 これ以上体格が良くなってもいいの?と疑問に思いますよね?

 

食べつわりの意味は何でしょうか?

 

赤ちゃんにとって、必要な物の選別をしていると考えてみてください。

妊娠中の体重増加は、赤ちゃんの体重を大きくするためだけではなく、 産後の体力も考慮したものです。

それには持久力が続くものが必要なのです。

食べつわりの人は 『その食べたいものは、自分に必要なものか、赤ちゃんにとって必要なものかを選別してみて』 というメッセージととらえてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です