発酵食品で感染対策にも!『みそ作り』

私はNPO法人松戸ゆいねっとでの活動もしています。

月に一度、お茶とおしゃべり会を開催しているのですが、2月14日のおしゃべり会にて味噌作り体験をしました。

 

私の味噌作り体験は今回で2回目。

初めて体験した時の記憶はあるものの、詳しい工程までは忘れていました。

しかも、その初めての体験の結果が失敗!だったため、その失敗の記憶しか残っていません。

それ以降みそ作りを行うことを躊躇していました。

しかし、今回やってみて、楽しかった!

工程を手伝えただけでも楽しかった!

茹でた大豆を大きなビニール袋に入れて、空き瓶で潰したりするのが、子どもの頃に戻った気持ちになりました。

麹と塩を混ぜて、潰した大豆と混ぜて、泥んこおにぎりのように丸めて、容器めがけて、投げていく…。

ストレス発散できる工程体験でした。

 

その後、手作り味噌の味見、自分が失敗した時の味噌の味とは格段の差があり、美味しかったです。

麦味噌の味見もさせていただきました。

久しぶりの味噌おにぎりと手作り味噌ピーナッツが美味しくて、たまらない味でした。

日本の伝統食材の素晴らしさを体験できてよかった。

 

日本の伝統食材・発酵食品を見直すことは、諸種の感染対策には有効だと思いました。

梅干し・納豆・たくわん これらの食材が腸を整え、自己免疫力の維持に役立つことを知ってもらえると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です