松戸市子ども未来応援講演会に参加しました

松戸市が企画する、子ども未来応援講演会。

一回目は、髙祖 常子さんによる講演でした。

髙祖さんは、さまざまな資格を持っていらっしゃり、多様な事業に関わり活動されています。

そのパワー、すごいと思いました。

 

髙祖さんは子育てアドバイザーであり、NPO法人児童虐待防止全国ネットワーク理事でもいらっしゃいます。

そのお話から、子育てにおける発想の転換が必要になってきていることが私にも理解できました。

そこで気になったのが、セロトニンというキーワード。

《セロトニン=脳内の幸せ物質》が子供の環境を考えるなかでも、大切なものなのだと。

確かに…。

子育て中にワクワクする気持ち、私にもあったのかなぁと振り返ってみると…

ありました!

妊娠中〜卒乳するまで…。

それを4回もしていた時期。

あとは… 保育所での父母会役員で運動会の時に保護者の出しものがあって、
ママ達とマツケンサンバやカニエビミクス?を踊って、子どもたちと楽しんだこと。

そのような育児の出来事を思いだすと、幸せな気持ちに今もなります。

きっとセロトニンがたくさん出ていたのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です