つわりは赤ちゃんがママを苦しめている?

妊娠すると、悪阻(つわり)という症状が出てきます。

においに敏感になったり、いつまでもムカムカしていて、 食べた物が胃にとどまっているような違和感も…。

 

このつわりさえなければ、楽しいマタニティライフが送れるのに!

と思ってブルーになったり、 病院で点滴を受けて乗り越える人もいます。

つわりは、赤ちゃんが自分のいる場所を心地良い環境にするために ママの体をリニューアルしていると考えてみるとどうでしょう?

 

赤ちゃんは決してママを苦しめているわけではないのです。

居場所作りをしていることを、ママに伝えてくれている、 赤ちゃんからの最初のメッセージなのです。

 

赤ちゃんは、片付け上手なんですね。

いらないものは、容赦なく捨てていく。

気づかずに、必要のないものを身体に取り入れていたことを教えてくれる。

 

赤ちゃんってすごいですね。

まるで赤ちゃんが先生みたい。

 

ママにとっては辛い時期かもしれないけれど、 つわりをプラスと考えるかマイナスととらえるかは、ママ次第。

ママの捉え方で、これからのマタニティライフの過ごしかたも変わってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です