松戸市で出張専門の助産師として18年経って思うこと

はじめまして!

なちゃらるばぁすのべ、助産師 野邊ゆう子です。

地域の出張専門の助産師として開業し、18年経とうとしています。

市委託の新生児訪問をしていく中で、たくさんのお母さん、赤ちゃんと出会ってきました。

その中でふつふつと湧き上がってきた思いは、

「お母さんにとって身近な、必要なときに応えられる存在でありたい」ということ。

 

《お母さんとなったあなたへ》

赤ちゃんとの生活の中で困ること、悩むこと、迷うことは
急にわきおこるものと思います。

「イマ、困っている」

「イマ、知りたい」

「イマ、手当てを受けたい」

 

そういった声に応えることが、出張専門の助産師として活動する意味と思っています。

お母さんと赤ちゃんに、いつも寄り添える助産師でありたい。

 

助けが欲しい、知りたい、困っている…
そんなとき、お気軽にご連絡下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です